失敗しない体験入店(クラブ・ラウンジ編)

クラブ・ラウンジに興味ある多くの皆様から相談を受けているのが
「どうしたら面接落ちしないの?」
「どうしたら指名コンパニオンや専属コンパニオンになれるの?」
「どうしたらお店から評価をしてもらえるの?」
といったことですね。
簡単にわかりやすく「 失敗しない1日体験 HOW TO 」をおさらいしていきましょう。

HOU TO01

体験は「一人」で体験してみましょう

体験は「一人」で体験してみましょう

初めてクラブ・ラウンジでお仕事される方には、キャバクラと違って敷居が高く感じている方が少なくありませんが、基本ができれば全く問題ありません。

1体.comのオフィスでも、基本的な挨拶、笑顔。丁寧な言葉使い、お仕事の流れ・接客の仕方をレクチャーしていますのでご心配なく!!

クラブ・ラウンジは「お仕事意識の高い女性」を求めます。
ただ「基本」ができていたとしてもお友達と一緒に体験となると、お店側から「遊びに来てるの?」なんて思われてしまう可能性がありますのでなるべく一人での体験をおススメします。

HOU TO02

クラブラウンジも、やはり第一印象がすべて

クラブラウンジも、やはり第一印象がすべて

HOW TO 01にも触れましたが、挨拶、笑顔、丁寧な言葉使い等基本がすべての世界です。
貴方自身が面接して頂く方に「どう魅せるか」という意識をもつことがとても大事です。

基本的にはまずは、「清潔感」あることがとても重要です。中でも大事なのが「ヘアーセット」初めて体験する店ではしっかりヘアーサロンでセットをして貴女自身の魅力を100%引き出しましょう。
数千円の「自己投資」を怠ってしまうと貴女自身の魅力は半減してしまいます。

キャバクラ編でも述べましたが、お店に入り1日体験を終えてお店を出るまで「人に見られている意識」を持ちましょう。

HOU TO03

挨拶はしっかりと

挨拶はしっかりと

1日体験では多くのお客様のテーブルで接客をしていただきます。お店にとってはどのお客様もとても大切な方ばかりです。
そんな大切なお客様のテーブルにちゃんと挨拶もできない女性をつけようとはどこのお店も思いません。
だからこそ、面接のときは笑顔と一緒にしっかり挨拶をしましょう。
とてもルックスは良いが笑顔もない話し方しかできない女性と、ルックスは普通だけどしっかり笑顔を作ってお話できる女性を比べた場合、間違いなくほとんどのお店は後者の女性を選びます。

HOU TO04

「スタンドプレイのキャバクラ」と、大きく違う「チームプレイのクラブ・ラウンジ」

キャバ嬢は本人一人の力でお客様に営業連絡をして一人でお客様のご来店を引っ張るのが当たり前。
対してクラブ・ラウンジはホステスみんなでお客様に営業してお客様のご来店を引っ張るのが当たり前。
だからこそ、ホステスさん同士でお客様の情報を共有するためレギュラーのホステスさんとのコミュニケーションが大切です。
キャバクラ経験しかない1体.com会員の方のなかで、初めてで戸惑うのが、レギュラーホステスさんやママと一緒にテーブルを作ると、どうしても会話ができなくなってしまう・・・。と悩んでしまった会員もいました。

「スタンドプレイのキャバクラ」と、大きく違う「チームプレイのクラブ・ラウンジ」

そんな時には簡単な「つなぎ言葉」を覚えておくと便利です。
「本当ですか~」
「○○さんて、さすがですね~」
「知らなかったです~」
「○○さんて、すごいですね~」
「せっかくなので~」
「そうなんですか~」
何気ない言葉ですが、こんな言葉を出してくれる貴女は「チームの一員」と認められ、お店はしっかり評価くれるはずですよ

PAGE TOP